SMX Socialと独立して三カ月と業界歴10年

というわけでもろもろまとめてのPostです。
まず独立して3カ月がたちました。思いのほかハードワークですが、とはいえ楽しいです。
今回本当はそこまで独立しようと思っていたわけではないのですが、流れに任せた結果、自分とも向き合うことができたし、独立してよかったなと思っています。
来年の1-3期には法人化する予定です。4月かな。
この三カ月と先週の米国出張で、業界歴10年で結構それなりに最先端突っ走ったという自覚もあった自分のこれまでの10年を思いのほか冷静に振り返ることができました。
そして、その10年が自分の人格の大部分を占めていて、sembearというキャラも含めて自分の一部になっているこの環境で仕事ができるのは、想像以上に幸せなようです。
この先はわからないけどね。
で、そんなこんなで先週LAからラスベガスを回るアメリカツアーを敢行してきました。観光じゃないよ。仕事だよ。
LAではいくつかのアドテク企業との打ち合わせをして、某SSPとかとは現実的に協業することまで視野に入れたディスカッションができました。
収益化でお悩みの媒体の方、ご連絡ください
で、ラスベガスで開催されたSMX Socialですがかなり興味深かったです。
facebookページでも書きましたが、今のアメリカのSocialの状況って2002年のSEMの状況にかなり近いなあと。そもそもSocialってどう使うのが正しいの?とかどういう目的で実施するの?っていう課題はいまだにありますが、オーガニックにユーザーを自社のfacebookページやTwitterアカウントに誘導してフォロワーとかファンを増やすっていうことはありつつ、とはいえそのファンを増やす活動で自社に誘導する上で広告も必要だよね、っていう議論ってSEOとリスティングが出てきて使われ始めた2000年代初頭の状況にすごく近いと思うわけです。
かつ、今回SMX Socialで思ったことはパネリスト各位がほぼ同様の見解や考え方をもっている、という点、一昨年とか昨年も別のSocial系のカンファレンスにはでていたけれど、その時に感じたパネリスト同士の祖語や見解の相違は今回あまり見られなかったなあ、と。
そういう意味でSocial Marketingにどう向き合って、どういう風に取り扱うべきか、というコンセンサスが市場にできてきたなあ、という印象も持っています。こうなると一気に広がるのかな、という思いもありますね。
来年以降、sembearとしては運用型広告のサポート、というよりは運用者のサポートをスローガンにビジネスをしていく所存です。米国の最新情報、テクノロジーの使い方、プラットフォーム統合支援など色々なジャンルにおいて日本の運用者を支援していくことをビジネスのドメインとして定めました。たぶん10年の経験ってのはそういう風に使うべきでしょうし、10年の経験があるからこその上に描いたようなSocialの状況の分析も含めて日本の運用者(リス男・リス女)がより輝けるような支援をビジネスとして進めていこうと思っています。
この三カ月で過去10年とこれからの10年を冷静に振り返ることができたのはよかったですね。最終的にはラスベガスで一つ棚卸ができたなあ、と思う今日この頃です。
というわけで、sembearへのご相談はこちらのフォームからよろしくお願いいたします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です