このBlogはもともとsembearというハンドル名で活動していた治田耕太郎の個人Blogでしたが、
2013年11月よりsembearは個人名ではなくチーム名となりました。
それに伴い、こちらの自己紹介も個人の紹介ではなくチームの紹介になりました。
今後も当方の体制に変更があり次第順次更新していきます。

Blog「検索エンジンマーケティング考」にお越しいただきありがとうございます。
以下代表者のの自己紹介です。

名前:治田耕太郎

職務経歴
1999年 : ライコスジャパンでのアルバイト経験から検索ビジネスに従事
ディレクトリの編集や携帯向けの検索の辞書のメンテナンスなどをやる中で、
検索エンジンの仕組みや形態素解析などを勝手に習得。

2003年 : 株式会社アイレップ ROIマキシマイズチームマネージャー
SEMのコンサルティングチームであるROIマキシマイズチームを立ち上げると同時に、
米国の最新トレンドや技術をリサーチするSEM R&Dチームのマネージャーも兼務。
運用の方法論の中での自動化・テクノロジー導入の重要性を痛感。

2004年 : オーバーチュア株式会社 プロダクトマネジメントマネージャー
プロダクトマネージャーとして各種作業の自動化をAPIを用いて推進、
またプラットフォームそのものにも関わり、モバイルやPanamaなどのリリースを手がける。

2009年 : NTTレゾナント社入社 / クロスリスティング社出向 ビジネスディベロップメントディレクター
検索時のユーザー行動をベースにしたデータ分析、及びアトリビューション分析を始動。
特にアトリビューション領域に関してはイベントや寄稿などで啓蒙に勤める

2012年 : Kenshoo, Vice President APAC-Sales
運用型広告の統合管理プラットフォーム、Kenshooのアジア太平洋地域の販売担当バイスプレジデントに着任。
管理ツールを駆使することで広告効果を統合し、効果改善を実現する傍ら、香港や東南アジア諸国のデジタルマーケティングにも携わる。

現在 : 自身の通称でもあるsembearとして豊富な経験と人脈を生かし、AdTech企業の支援・コンサルティングを中心とした活動を行う傍ら、高度なテクノロジーと人の知見を融合させたデジタルマーケティングを実現するべく独立。

各種Social系のリンク
sembearのFacebookページ:sembearのfacebookページです

検索エンジンマーケティング考へ

Copyright (c) 検索エンジンマーケティング考 all right reserved