Search Summit Tokyo 2013のお礼、およびsembear的お知らせ

さて、昨日大変な盛り上がりとともにSearch Summit Tokyo、無事開催できました。
ご来場いただいた方、手弁当でスタッフ協力していただいた方、登壇者の方、皆様のお力添えあってこそのイベントでした。
誠にありがとうございました!!!
(今回は藤田まことは封印する)
#というかBackstageとあいさつとパネリストってのはなかなかHeavy Taskだった。
さて、開会の挨拶時にも言いましたが、Search SummitはSMXやSES的な、運用者のためのイベントです。
かつ今回東京での開催に参加できなかった方も多数いらっしゃいます。
現状ではまだ未定ですが、Search Summit Fukuoka、Search Summit Osakaなど、各都市での開催を現在検討しております。
土地が変われば検索も変わります。その土地ならではのコンテンツと土地をまたいだ本質的な話の両立ができるような形で実施したいと思っています。
2002年に市場が立ち上がり、10年たってSEMは相当大きなな市場規模になっています。プレイヤーの立ち位置や取り組み方も様々ですが、同じ世界で働いている人間同士が情報をシェアして、議論することで、単なる額の話ではない意味で業界が進んでいくんだと思っています。過去のポストで恐縮ですが、
ただ、日本のリスティング「業界」が欧米のそれと比較してそれだけ人を惹きつける魅力があるのか?そこで働いている人の専門性は?かつ日本発のInnovationって?(いや、あるにはあるんだよ)って考えると、実は「産業」として日本のSEMはアメリカと比較すると「後進国」と言わざるを得ない部分もあるわけです。もちろん日本で一流と言われている人たちは素晴らしいけれど、残念ながらその人数は米国の方が圧倒的に多い。悔しいし、認めたくないけれど、これはある種の事実だと思う。
こういう部分を打破する一種の狼煙として、Search Summitを今後も動かしていきたいと思っております。
今後ともお付き合いいただけますよう、よろしくお願いいたします。
sembearのクマの方
<<<<<<<<で、ここからお知らせです。>>>>>>>>
昨日のSearch Summitで一部の方からツッコミを受けましたが、sembearは現在チーム名になっています。
#特にサンノミヤさん
#っていうかSearch Summitの開催告知↓でも書いたのだけどね
#15年とは早いもので、sembearもずいぶんオトナになり、かつもはやsembearは一人ではなくなりました。
ですので、今後自分が個人として情報を発信する場合は「sembearのクマの方」としてもろもろ発表していきます。
#sembearのTwitterはクマのほうが一人で更新してます。
#sembearのfacebookページはクマの方と飼育係が二人で更新してます。
#このBlogは当面クマのほうが書きますがいずれ飼育係が登場するかもしれません。
また、この「検索エンジンマーケティング考」ですが11/1(予定)をもってURLを移転します。移転後のURLは
http://www.sembear.com/blog/1
となります。(現状でもアクセスできますが)
現在のURLwww.sembear.comはsembearというチームの事業ページとして再スタート予定です。
事業概要もかなり固まりつつありますし、それは今後、順次発表させていただきます。
取り急ぎ、今後ともsembear(というチーム)をお引き立ていただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
sembearのクマの方

sembearの事業紹介

営業ポストです。
で、個人事業主をはじめてからいろいろなことがありましたが、まあ元気にやってます。Markezineさんで連載もしてますし、執筆活動も進めたり、代理店さん向けの講演、教育プログラムとか作ったり、常駐してのプロジェクト参加とかやっております。
後まだかけませんがとある海外のツールやプラットフォームにも関わることになりそうです。早ければ来月下旬には発表できるかなあ。。。
で、基本的にはそんな生活をしていますが、来年のスケジュールはがら空きです。という訳で営業ポストをさせていただきます。
現状sembear(屋号って意味ね)としては基本的に以下の五つのビジネスを承っています。
#追記。もうちょっとコンセプトから説明します。
sembear(個人名ではなく屋号です)で何を目指すのか、というとMarketing/Ad Technologyを「使いこなす」ことを支援する事業をメインに考えています。
コンセプトはMarketing Technology Boutiqueとでもいう事業ですね。
自分ところで開発することも考えてはいますが、現状のリソースではなかなかそうもいかないので、当面は既存のものを使いこなすことをコンサルティングやアドバイザリーという形で支援していきます。
原則として対象は代理店さんを考えています。個別の広告主さんも条件によってはお引き受けしますが、こちらからアプローチすることはあまりないと思います。
そういう意味でDemand SideもSupply Sideも含みます。マーケティングの最適化支援もやるしMonetization(収益化)の最大化支援もやります。
過去にsembear(これは個人名)がやってきたことって原則的にはProduct/Platformを提供する側にずっといたんですけど、心は運用者なんですよね。
運用する人の知見を最大化するようなTechnologyやProductの選定、統合、戦略立案、教育、というのを今後はやっていく予定です。
#追記終わり

(1)アドテク使いこなす系
これはどちらかというと代理店さん向けのサービスになると思いますが、色んなプラットフォームが百花繚乱状態のアドテク市場でございまして、ただそれぞれのプラットフォームがどんな特徴があって、どこが違いで、どういう差別化が可能なのか、ということを俯瞰的に分析しないと、実はうまく使いこなせません。
当方としては基本的なテクノロジーについての理解を深める教育プログラム、講演などをとおしてそういったプラットフォームの違いや特性を理解し、広告主さんに適切なツールの選定や導入が出来るようノウハウ蓄積やアドバイスを行うサービスを提供しております。
具体的な内容は原則全てオーダーメイドで作り上げますので一言では言えませんが、実際のところテクノロジーを使いこなすのは人なので、その部分を充実させたいとお考えの代理店さんやWeb制作会社の方は、是非ともお声がけください。
場合によっては私がTA(Technical Advisor)として常駐することもこのサービスには含まれます
(2)SEMを極めたい系
SEM(これはSEO+リスティング、という意味のSEM)ですが、本質的に検索エンジンってどういうもので、どういう考え方をすれば良いのか、というのって実はあんまり知られていません。
ツールの使い方とか以前に、そもそも検索とは何ぞやということをみっちりと講義するプログラムです。
テクニックをノウハウにするためには、そもそも共通言語としての考え方が必要だと思うのです。
(3)海外系
日本のアドテク企業の海外進出支援は個人的にはここ数年の大きなテーマです。
OvertureやKenshoo時代に培った海外での人脈やネットワークを通して海外進出支援のアドバイザリー業務を行います。
また、M&Aやアライアンスまで含めた業務支援なども行います。
また海外プラットフォームの日本進出支援も行っています。基本的にsembearとして「これはよい!」というものしか引き受けていませんので、どういうプラットフォームを取り扱うかが決まり次第順次ご連絡させていただきます。
(4)メディア系
で、元々sembearってのは媒体側の方が経験長いので、ネット広告商品の開発だったり設計だったりとかっていうのも得意です。
かつ収益化支援とかそういうことも得意分野になります。
こちらは来年初頭にサービス化予定です!
(5)いろいろ
まあ、基本的にはsembearのリソースで日本のネット広告業界を盛り上げたい、ということなので上記に関わらずこういうことできない?というご依頼があれば何でも話は聞きます。というかえり好みできるほどの状況でもありません。
で、興味のある方は
こちらのフォームよりお問い合わせをいただくか
xyz あっとまーく sembear.biz
までメールをください!新宿駅の伝言板ってどうやらもう無いらしいのでせめてメールアドレスだけでもxyzに依頼、というのを実現してみました。
是非是非ご依頼、お待ちしております!