おい!お前ら!Attribution Night 2011の募集が始まったぞ!!


※現在sembearが赤ん坊の世話に追われて、赤ちゃん言葉しか発言できなくなっているため、今回も私、不肖kagemushabearがお送りいたします!
——————————————————————————————————–
10月4日開催 クロスリスティング、アタラ、Fringe81共催イベント「Attribution Night 2011」
「そもそもアトリビューションって?」「測定方法はどうするの?」「態度変容ってどう見るの?」「広告を最適化につなげるためには?」そんなアトリビューションに関する「?」を、コンサルティング企業のアタラ合同会社、広告配信事業のFringe81株式会社、株式会社クロスリスティングの3社が解説します。
プレゼンテーション終了後には、同会場で懇親会も実施いたします。皆様のご来場をお待ちしております。
◇開催概要◇
•名称 :  
Attribution Night 2011
•URL :  
http://www.facebook.com/pages/Attribution-Night/160789677329627
•日時 :  
2011年10月4日(火) 19:00~22:00(受付開始 18:30)
•場所 :  →変更になりました!!!
※当初の告知と開催地が異なりますので、必ずご確認ください。
正しい開催地は↓こちらです!!!
 店舗名:ベニーレベニーレ
住所 :
 東京都渋谷区神宮前4-31-10
 YMスクウェア原宿5~6F
 JR原宿駅 徒歩3分
 地下鉄千代田線明治神宮前駅 徒歩1分
 http://www.ginza-cruise.co.jp/venire/access/index.html
•講演 :  
アタラ合同会社 有園 雄一 氏 (twitter: @arizono)
Fringe81株式会社 田中 弦 氏 (twitter: @yuzuru_81)
株式会社クロスリスティング 治田 耕太郎 (twitter: @sembear)
•内容 :  
アトリビューションに関するプレゼンテーション
質疑応答・鼎談
懇親会
•参加費 : 
会食費として5000円を頂戴します。
(当日受付で現金にてお支払いいただきます。)
•応募人数 : 
60名様(抽選)
※抽選結果は9月下旬頃にお申込フォームにご記入いただいたメールアドレスまで
 ご連絡いたします。
•対象 :
インターネット広告に業務として関わっている方
(広告主様、広告会社様など)
•お申込 :
以下よりお申込ください。お申込締切:9月12日(月)
お申込フォーム(締め切りました)
※以下、sembear本人からのコメントです※
ばぶばぶ、ばぶばぶばぶばぶーばぶばぶばぶばぶばぶばぶ、ばぶぶーぶーばぶ。
ばぶぶぶ、ぶばばぶぶ。ばぶぶばぶぶ、ぶぶっぶぶばばぶばぶばー!!!

※kagemushabearによる翻訳
お前ら、いよいよAttribution Nightの募集が始まったぞ!
以前も言ったようにこれはグンバツでゴイスーなイベントだからな。
腕に自信のある漢(おとこ)どもは勇んで参戦するのだー!!!
皆様のご参加を心よりお待ちしています。

sembear
——————————————————————————————————–
※以下kagemushabearからの補足
毎度お騒がせてしています。
いよいよ正式告知にこぎつけました。Attribution Night 2011です。
本番までには、sembearも第なんたら次成長期に入っているかとおもいますので、
「ばぶばぶ」以外の言葉も操れるようになっているはず!ご期待ください!!

ギョーカイジンならBlogぐらい読んどこうぜ

さてと、そろそろ8月にもなり、4月からネット広告業界で働きだした新人君や、ボーナスが出たところで前職をやめてネット広告業界に転身された人が、比較的落ち着いてきたころじゃないかと勝手に思っています。
まずはそういった方々に対して
ようこそネット広告へ!
と最大級のエールを送ったうえで、本題。
最近やっぱりTwitterなんかよりも考えをまとめて情報を発信、収集するならBlogの方がいいこともあるな、と再確認しておりまして。
そういえばアイレップの時もオーバーチュアの時も新しく入ってきた人にこのBlogは読んどいたほうがいいよ、って話をしていたりしていたこともついでに思い出したのですよ。
やっぱりある程度まとまった情報量を整理して、わかりやすく解説・検証していくにはまとまったテキストの情報量って必要で、そうなるとTwitterとかはちょいと厳しいな、と。
なので上に書いたようなネット広告業界に足を踏み入れた人たち向けに、とりあえずこのBlogは読んどけリストを簡単にPlotしてみました。
20110824-gyokai_blog_plot.jpg
横軸がディスプレイか検索か、縦軸が真面目か不真面目か、というPlotです。自分の性格や今の仕事内容に合わせて読み始めるBlogを決めてみるといいと思いますよ。
#正直、いくつか抜けているBlogもあるかとは思います。。。
#特にウェブ解析系。ほんとはZ軸があるとよかったんだけど。
さて、いつものように断り書きですが、ここにPlotしてあるBlogの作者の方にはsembearが面識がない方が多くいらっしゃいます。
特に海外SEO情報ブログ様業界人間ベム様、およびインターネット広告のひみつ様の各位におかれましては、
全く何の面識もない状態かつ事後承諾での掲載となりましたことをここに深くお詫び申し上げます。ご容赦いただければ幸いです。
私個人としても皆様のBlogは常々拝読させていただいており、この業界で働く上で大変貴重な情報をご提供されていると考えております。
また何か問題があるようでしたら速やかに修正いたしますので、ご連絡いただければ幸いです。
ここでいくつか謝罪を。
今年のエイプリルフールのPostを踏まえて、SEMリサーチさんの真面目レベルを海外SEO情報ブログさんよりもやや低めにしております。
すみません。
最近のカメラネタがやや滑った感のあるDefining the Futureさんの真面目レベルは当Blogと同程度に設定しました。
すみません。
SEM-LABOさんの真面目レベルがちょっと低めなのは言わずもがなムスカ大佐が(以下略
すみませんすみません。
インターネット広告のひみつ様の真面目レベルがちょっと低めなのはソーシャルメディアマーケター美咲の美咲ちゃんが可愛い、というPostによるものです。
すみませんすみません。
まあ、真剣にこの業界はいろんな方がBlogやSocialでの情報発信を活発にされているので、そういった情報に触れることで新たな気付きやアイデア、行き詰った時のヒントになったりもします。
普段のニュースチェックの際にはここに書いたBlogに限らず、いろんな情報源をきちんとチェックしておきましょう。ってことです。
sembear
このPlotは完全にsembearの主観ですので、違うだろ!という方がいらっしゃいましたらご連絡いただければ幸いです。速やかに修正いたします。

【小ネタ】Search Engine Strategies San Francisco 2011レポート

さて、ちらほらSESのレポートが上がってきてますね。
自分も社内向けのレポートを今ガシガシと書いておりますが、せっかくなのでこの場で、社内向けにはボツにしたどうでもいいSESのネタをご紹介しようと思います。
まず前提として、sembearは2003年のSan Jose、2004年のNew York、2006年のSan Jose、2007年のSan Joseで開催されたSESに出席しています。
ちなみに2004年に東京で開催されたSESではAdvisory Boradとパネリストも務めております。そんなsembearからみたSES San Francisco2011のレポートです。

20110823-cimg1836_web.jpg

【良かった点】
・場所がサンフランシスコ
なんやかんやで日本からのアクセスはいいですね。交通の便がいいところでないと特に免許を持っていないsembearは動きが取れないことが多々あるのでこれって結構大事です。
・参加者にかわいい子が多い
これは2007年との比較ですが、San Joseで開催されていたころと比べてかわいい子がSpeakerにも参加者にも多かったです。やっぱりモチベーションがあがりませんからね、こういうのがないと。やっぱりDana Toddは年を取ってもきれいだったし、Marchexの人はかわいくてちょっとときめきました。アハ。
・ごはんがおいしくなった
San Joseで開催されていたころはランチのサンドイッチがそれは大変おいしくなくて、それはそれはつらい思い出しかありませんが、今回はSan Franciscoという地の利なのか、ランチが比較的おいしかったです。これは重要ですよね。腹が減っては戦が出来ぬ、といいますし。
【悪かった点】
・イベントが微妙
ごく一部のベテランのみが参加できるOld School Search Geeks Partyはすごく面白かったけれど、San JoseでやっていたようなGoogle Dance Partyみたいなのがなかったのは残念。ああいうところでのネットワーキングもSESの醍醐味の一つだったのになあ。
・ノベリティがすくない
SESといえば各社が提供しているノベリティですね。sembearの家にはMicrosoft AdCenterの水筒、Marchexのプロテインシェーカーなどが所せましとならんでいるのですが、今回はそういったノベリティがいまいち面白くなかったです。
・バッグが微妙
SESといえば昔は結構しっかりとしたトートバッグに資料なんかを詰めて配布していたのですが、今回はYahoo! Bingアライアンスのメッセンジャーバッグでした。正直メッセンジャーバッグはいくつか持っているのでトートバッグの方が使いまわしができて便利です。
というのがsembearてきSESレポートでした。ちゃんちゃん♪。
ってそんなの期待してないですか?いやね、真面目なのは今書いてるんですけど、いかんせん時間かかるのですよ。なのでそちらはまた後日Postします。

おい!お前ら!Attribution Night 2011の開催が決定したらしいぞ!

※今回はsembearが米国に出張しており、それによりアクセス元がスパム認定されており、書き込めないため、私不肖kagemushabearがお送りいたします。
自分のブログにスパム扱いされるsembearに幸多からんことを望みます。
——————————————————————————————————–
「Attribution Night 2011」を開催します。  
「そもそもアトリビューションって?」
「どうやって測定するの?」
「態度変容ってどう見るの?」
「広告を最適化につなげるためには?」
そんなアトリビューションに関する「?」を、コンサルティング事業のアタラ合同会社、広告配信事業のFringe81株式会社、株式会社クロスリスティングの3社が解説します。開催予定は9月末〜10月初頭。詳細は追ってご案内いたします。
ご期待ください!
名称:     
Attribution Night 2011
日時:
9月末から10月初頭(夜開催)
内容:
アトリビューションに関するプレゼンテーション
質疑応答・鼎談
懇親会
講演企業:
アタラ合同会社
Fringe81株式会社
株式会社クロスリスティング
会場:
渋谷周辺
募集人数:40名程度(募集人数を超える場合は、抽選とさせていただきます)
※以下、sembear本人からのコメントです※
さて、今回は昨今のBlogでのやり取りもあった、sembearとゲバラ隊長と鳥が一同に会する、つまりこれって近年まれに見るグンバツにゴイスーなイベントです。
どれぐらいグンバツにゴイスーかっていうとギロッポンかザギンでシースーとかバーソーをたらふく食いまくるぐらいグンバツにゴイスーです。
皆様のご参加を心よりお待ちしています。
sembear
——————————————————————————————————–
※以下kagemushabearからの補足
コンクリートジャングルTOKYOからは想像もできない程に寒いアメリカの地で、一人鮭狩りに夢中になっているところ、スパム認定を受けてしまったというsembearからの告知でした。
Attribution Night 2011、乞うご期待!です!

Search Engine Strategiesに行ってきます

ニュースソース(Search Engine Strategies San Francisco)
というわけで、一部の方はご存知かと思いますが、4年ぶりにSearch Engine Strategies(SES)に参加してきます。
2003年にアイレップ入社後一か月ちょっとで初めて参加したSESから数えて、5回目とかになるのかな?結構行ってますね。
2003年の時は自分の未熟さもあって、刺激というか衝撃を受けまくって、2006年は自分の考えている未来とSESの空気やトレンドの一致を確認できて、2007年では自分の力が世界でどこまで通用するか、という野心をもってそれぞれ参加した、自分にとっては常にTurning Pointとなるイベントです。
現地でも面白い話があったらTwitterとかFacebookとかこのBlogとかでご報告させていただきます。
あと、現地に行かれる方がいましたら、ぜひつながりましょう。よろしくお願いします。
sembear

リスティング男子とリスティング女子の未来が輝いている理由

ニュースソース(Search Engine Land)
さて、こんな記事を見落としていたとは、なかなか俺の情報収集もへっぽこだったってことですが。
という訳でまずは英文から
Their ways of working were very different, their basic principles were alien to each other, and the amount of free gifts received at Christmas by media planners always turned an angry eye from the search marketers, long since forgotten by the Google gift giving machine.
ここでいうTheir ってのはSearch MarketerとDisplay advertisersですね。つまり、過去において、ディスプレイ広告の人たちとSEMの人たちとは完全に別の世界の生き物でした、と。
んでこっからしばらくはSEMとDisplayとで相変わらず別個の世界だったってことがしばらく書かれているので思いっきり割愛して、What does the future hold for Search & Displayという見出しで始まる段落へ。
Today, quantitative skills are almost a pre-requisite for being in media planning. With the rise of the DSPs, the creation of ‘trading desks’ and the power of Facebook ads, the value of the qualitative media planner is diminishing quickly.
訳:今日では、数量的なスキルがメディアプランニングにはほとんど必要不可欠だ。DSPの進化や”Tranding desk”の発展、Facebook広告の力などにより、質的なメディアプランナーの価値は急速に減衰している。
直訳なんでちょっとわかりにくいと思うんだけど、最初の段落でA search marketer by nature is quantitative.って書いてあって、つまりSEMが広告の運用に数量的な概念を導入した訳ですね。エクセルで分析したりとかA/Bテストみたいな数で持って全てをトラックしていく世界な訳ですよ。SEMってば。
ところがDisplayはそうじゃない、厳密にいうとそうじゃなかった。DSPでの買い付けとかTrading Deskの発展なんかでDisplay広告においてもQuantitativeなスキルが求められていく、ということを言ってる訳ね。
ここからしばらくSearch MarketとDisplay Media Plannerの埋めがたい溝の話しがしばらく続いて、今日の本題の最後の2段落
Also, as one search marketer said to me this week, their day to day job isn’t very exciting if it just involves keyword optimization and reporting, but they can now see new career opportunities for themselves and are getting to experiment with cool new tools.
The search marketer is already becoming the future media planner, but as the traffic across the bridge flows both ways, could the media planner become the future search marketer?

訳:あるSearch Marketerが今週私に言ったことがある。彼らのいつもの仕事はキーワードの最適化やレポーティングに浸食されている限りは決してExcitingではない。しかし彼らは今新しいキャリアの(ステップアップの)チャンスに臨んでいる、最先端の新しいビジネスに新しいすばらしいツール(これはDSPとかTrading Deskとか、そういう物も含めた新たな機能のこと)でもって取り組んでいる。
Search Marketerはすでに未来にあるべきメディアプランナー像になろうとしている。しかし二つの道にかかった橋のように(つまりSEMとDisplayという分かれた道をつないでいる橋がそうであるように)今のディスプレイ広告のメディアプランナーは未来のSearch Marketerになれるだろうか?
※一部意訳
—————
というのが今回の元ネタの文章。まあ既にお気づきの方もいらっしゃると思いますが、この最後の文章は反語ですね。「○○だろうか、いやそんなことはない」ってやつ。
さて、上で書いている”Search Marketer”ってのはつまりリス男ってことです。
以前のPostでも書いていた通り、今リスティングの運用業務に「真剣に」携わっているリス男、リス女諸氏は今後確実に「自分の時代」がくると思っていて間違いない。
2003年からリス男であるこの塾長が言ってるんだから間違いない。
リスティングの運用業務に関わって伸びるスキルってのが、まあいくつかあると思うんだけど、個人的に一番大きいと思うのが数字を扱う力と問題点を発見して、解決策を作り出す力ってやつ。クライアントさんの数字をみて問題点を発見し、解決策を考えて、提案して受け入れてもらって、っていういわゆるPDCAサイクルをまわすという考えかた、感覚、センスはリスティングっていう商材を「真剣に」やっている人間であれば絶対身に付くスキルだと思う。
#別にリスティング以外でも身に付くと思うんだけどね。
#つか、普通に仕事を真剣にしていればDisplayだろうとなんだろうと
#この手のスキルって身に付くと思う。
#ただ、リスティングってのは身に付きやすい業種だとは思うけどね。
そもそもさ、ネット広告と旧来の広告の一番大きな違いってのが、ネット広告は数字が明確に測定できて、効果が目に見えてわかる、ってことなのな。自分がクライアントだとしてさ、数字も効果もよくわからない広告なんかよりも、より数字がわかるほうに広告を出したいよね?
もう広告自体がそういう流れなんですよ。
んで、残念ながら今までのディスプレイ広告は数字は測定できるが、それをどう改善するか、っていう投資運用的な差がつきにくい商材ではあった訳です。できない訳ではないが、やりにくかった。これがAdExchangeとかAudience TargetingとかAttribution Managementとかの登場により、十分に投資運用ができるような商材になってきた訳ですよ。
#つまり前回書いた「投資型広告」ってことね
そうなってくると、リス男、リス女の持っているスキル、ノウハウがより重要になってくるはずです。間違いなくリス男、リス女が業界を創造して引っ張っていく未来が待ってるんですよ。
そうなれば、リスティング男子・女子諸君にとっては
もっとモテるぜ!!!!!
ってことになるわけだよ。モテモテだよ。リス男・リス女。おっさんはうらやましいよ。
買い物が上手で数字に強くてきめ細やかでマメで季節要因に敏感でつきあった女性を大事にするリス男は新しい産業を創出するんだよ!それでモテない訳がない。んでリス女子各位、男子目線から見ても買い物上手で数字に強くてマメで季節要因に敏感でつきあった男性を大切にするリスティング女子はもはや萌えレベルMax。つか奥さんにしたい女子の職業ランキングNo1は既にリスティング女子だよ!gooリサーチあたりでアンケートとってみれば明確だよ!
というわけで、そろそろ締めますが。
現在最前線でバリバリやっているリスティング男子・リスティング女子各位、未来はあなた方の為にあります。
もし会社がこのBlogとは違うことを言ってるのであれば、がんがんぶつかっていって変えていってください。これはそれだけの価値があるチャレンジです。
ただし、産業を創出するってのは大いなる責任も伴います。あなた方が引いた道に後進達が続く訳ですから。
アグレッシブさと慎重さのバランスをとりつつ前進していけば、皆さんはきっとすばらしい経験と大いなる財産を手にすることになるでしょう。
sembearは世の中のリスティング男子・女子がよりいっそうモテるよう尽力していくことを誓います。