英語で仕事をするということ

ニュースソースその1
ニュースソースその2
最近日本の会社で社内の公用語を英語に、なんてニュースをちらほら目にしてきたので、またまた検索エンジンマーケティングとは直接的に関係ないけれど、ちょろっと書いておこう。
一応まがいなりにも外資で働いたり、アメリカで講演なんかもしてみたりした経験もあったりするので、ともすると海外在住経験があったりとか留学経験があったりとかと勘違いされることもあります、が、実際のところは日本の外で生活したことは一切ありません。
いや、別に自分がこれだけ勉強した、とかそんな苦労話を自慢げに語ろうってわけじゃないのですよ。そりゃいきなり外資に転職して、上司が日本語話せない外人とかだったら普通に誰でも英語で仕事ができるようになりますって。
話を戻して、こういうニュースを見るたびに思うのは、英語で仕事ができる、ってことは英語が話せるってこととは微妙に違うってこと。
んで、いわゆる英語で仕事をするってことは、英語を話せるようになるってことよりも数倍簡単だと個人的には思ってます。
もちっと正確に言うと、母国語のように英語を操る、なんてのは社会人になってから英会話学校に通って死に物狂いで頑張っても、正直難しいと思ってます。ただ仕事の上で英語でコミュニケーションをとって何かしら動くってのは、正直そこまでやらなくてもできると思うわけです。
「英語が話せる」って、定義がものすごいあいまいだと思いません?たとえば”Hello! Nice to meet you!”って言葉が話せるとして、それは英語が話せるといえるのかといえば、基本的にはNoですよね?でもそれに対する受け答えとかちょっとした会話レベルならどうでしょうか?多分それは結構微妙なラインかな?
結局「英語が話せる」ってのはとても恣意的な概念で、すごく基礎的な会話(例えて言えば海外旅行程度)でよいのであれば中学校レベルの英語単語力でも何とかなります。これぐらいなら俺だってできるよ、って人もいるでしょ?
さて、ここで英語で仕事をする、って状況を考えてみてみましょう。仕事ってのは基本的に会社の売り上げとか、何かしらのプロジェクトとか、いわゆるContextがものすごく明確なんです。たとえば会議とか”Agenda”つって会議の目次なんかあったりした日にはもう超がつくほど明確ですよね。
でね、そういう明確なContextの中だと、当然使われる単語とか言い回し、フレーズなんてのは偏りが出るわけですよ。逆に言えば英語で仕事ができるようになるには、そういう「仕事に関連する単語とか言い回し、フレーズ」を徹底して覚えれば、実は何とかなっちゃいます。実際そういうのは、業界にもよるものだと思うけれど、日常会話に出てくるフレーズほど数はないです。
#つーかネット業界なんてCTRとかCPCとかCVRとかLanding PageとかAccountとかBudgetとか、
#日本で使われてる言葉が英語圏で使われている言葉とはっきり言えばほとんど一緒なのです。
ところがね、日常会話を連想してみると、たとえば
「今日は天気がいいですね、あ、ところでさ、昨日の試合見た?いやーあれさ、なんつーの?・・・・・しかし今日も空気乾燥してるよねえ」
のように脈絡のない単語の並びだったり文脈だったりで、正直耳が慣れてないと追いつけないですよ。
#俺がSATC(Sex And The City)を字幕なしの副音声で見ても内容がわからないのはこれが理由だ
#いわゆるGirls’ Talkは日本語であってもわけわからん
そういう意味で仕事上で使われる英語と、日常会話での英語、どっちが難しいと聞かれたら日常会話での英語だ、と答えます。だって日常会話にContextなんて存在しないし、耳が相当訓練されない限り、会話が追いかけられないでしょ。仕事だと、耳が訓練されていなくても、ある程度Contextがはっきりしているのですごくわかりやすいのですよ。
#CTRがUpとかDownすることはあっても、Burnすることは、基本的にないでしょ?そういう意味ね。
さて、上記だけだと
「なるほどsembearさん、確かにあんたが言うとおりかもしれない、でもそれじゃ聞くだけじゃんか。俺英語が話せないんだよ。聞くだけじゃ仕事ができないじゃん」
という人がいるかもしれない。
はっきり言えば、そのとおり。なのでここからSpeaking編。
英語で仕事をする上で一番大事なのは「自分の意見を英語で伝えようとする姿勢」だと思ってます。たとえ中学生レベルの英語でもいいから、はっきり意見を言うことってすごく大事だと思うんです。
ただこの事って、別に英語だとか日本語だとか問わず、普通に仕事として当たり前の話だと思ってます。日本語で仕事をしていても、MTG中に発言しない人って、いるじゃないですか(場合によっては寝てしまってる人とか)。それと一緒で、自分の意見とかアイデアを相手に伝えようとする努力を仕事で放棄してたら、日本語だろうと英語だろうと、やっぱり仕事にならないと思うのですよ。
そんなこといったって、言いたくても言えないんだよ、って思う人もいるかもしれませんが、ほんとに言えませんか?一番最初に書いたように、海外旅行レベルの英会話であれば、中学生レベルでもいけますよね?そのレベルの英単語でも言えませんか?いや、言おうと思えば絶対言えるはずですよ。中学生レベルで習った英語って、結構ありますよ。
もっとはっきり言ってしまえば、自分が中学生クラスの英語しか話せないという事実が恥ずかしいとか、伝わらなかったらどうしようとか、自分の意欲で克服できる問題をスキルの問題に置き換えて逃げ場を作ってるだけじゃないですか?
でね、これは俺がそういう環境でしか仕事をしたことがないからかもしれないけれど、そういうのを乗り越えて、何とか伝えようとする姿勢を見せれば、相手も理解しようとして聞いてくれますよ。その信頼関係ができたらあとは容易いもので、後は場数をこなすことで英語ですいすいと仕事ができるようになります。
だって、Contextがはっきりしてるから。
使われる単語、フレーズ、言い回しなんかはおのずと偏り、数にも限りがあるから。これはヒアリングだけじゃなくて話すほうにも共通ですよね。
だから仕事上で英語を話すことははっきり言って日常会話より簡単です。
以上を踏まえて、英語で仕事ができる、ってのは英語が話せる、ってこととはまったく質が違うものだと思ってます。んでどうやったら英語で仕事ができるようになるかって、はっきり言えば上記の場数を多くこなすだけでいいです。
逆に言うと、英会話教室に通うよりも、もっと仕事に集中して自分なりの意見とかアイデアをまとめる癖を身につけて、それを英語で説明する練習をしたほうが、圧倒的に英語で仕事をするスキルは身につきます。
今後、日本の少子高齢化(というか人口減少)が進むにつれ、どう考えても日本の市場規模は少なくならざるを得ません。そうなると当然ビジネスパーソンとしては世界を見なければならなくて、となると、どう考えても英語ができないと仕事が進められない、という会社も今後多く出てくるでしょう。
そのときにね「英語ができないんだー」なんて甘えたこといってないで、中学校レベルの英語でもいいから自分の意見を相手に伝える、って言うことをやってきた人は、仕事の幅もぐんと広がるし、自分の可能性も広がると思います。
SEMで学ぶ英会話講座、ってやったらどれくらい受講者いるのかなー?

26歳女子、ITドカタからの卒業

ニュースソース(Markezine)
すみません。タイトルはネタです。
しかもsembear本人は33歳のおっさんです。しかも見た目年齢はアラフォーです。
すみませんすみません。
#ただ、このPostはニュースソースで相談をしている26歳女性に捧げます。
さて冗談はさておき、先日の@yamazさんと@sugihargさんのTwitterでの会話から、ちょっとPostしようと思ったのです。
まずは@yamazさんによるTweet : 元リンク
祈るだけで広告設定が勝手に行われたりレポートが勝手に出たりとかそういう奴です RT @doryokujin: 業務支援系のアドテクってどのようなものですか?RT yamaz: 個人的には配信系の他にも業務支援系のアドテク業者さんが出てきて欲し-なーと思ったり。
なるほど、「業務支援系のアドテク」って観点があるのかと、ちょっとはっとしました。
実際のところ、リスティング広告の管理ツールとか(Autobidも含むが、それにとどまらない)とかDSP(敢えてひとくくりにするよ)って実はこの「業務支援系のアドテク」に比較的近い概念だと思うんですね。
特に
祈るだけで広告設定が勝手に行われたりレポートが勝手に出たりとかそういう奴です
こういうの。
まあ祈るだけじゃ出てこないけど、リスティング広告のAPIによる自動化の概念とかコンセプトってやつは、この一文にある種集約されるものがあると思います。レポートは勝手にAPIで取得してメールしてくれる機能は普通にあるし、モノによっては目標とする費用対効果に対して自動的に最適な入札額を計算してくれるものもあるし、掲載順位を保持するために自動的に入札してくれるものもあるわけだし。キーワードの追加もAPIとかサイトのクローリングで引き出す方法もあるし、結構リスティングの入稿、掲載管理、レポーティングってのは自動化されてる(ないしは自動化しやすい)状況にあるはずなんですね。
#まあクリック課金型でありオークション形式だったりするので、いわゆる純広と違って掲載確認とかがあまりシビアでない、という事実もあるんだが。
所謂ITドカタ(ここでは仮に26歳女子と仮定する)さんたちがあくせくして残業しながらやっている業務は上に書いているようなツールを使えばかなり削減されるはずなんですな。
#まあyamazさんのBlogにあるこのポスト
#それを受けて書いたこのBlogの過去のポストを読むと、
#上記26歳女子のイメージがつきやすいと思われる。
でだ、26歳女子は自分の業務を振り返って、
・レポーティング→管理画面からのダウンロードじゃないか?
・入稿→媒体が提供しているエクセルのテンプレじゃないか?
・入札→○○時間ごとの定期的な手作業じゃないか?
・分析→媒体側の効果測定ツールとかじゃないか?
・上記全体の作業→個別のツールでログイン/ログアウトを繰り返していないか?

ってことを振り返ってほしい。
もしどれか一つでも該当するのであれば、あなたの会社はリスティングの運用においてまったくもって無知で無策だと言っていい。
また、そういう環境なのであればあなたはまだまだリスティング広告において知らないことのほうが圧倒的に多いと考えていい。
なので、逆説的な言い方をすればあなたはそういう部分を会社の中で改善できるし、そうすれば出世も早いだろう。
なんならATARA Appsでも導入するべきだ(Promoted Post、じゃないよ)
いや、そんなこととっくにやってるよ、というのであれば、今度は以下のことを考えてほしい。
@sugihargのTweet :
元リンク1
それにしてもサーチの自動入札ツールは淘汰が進んだ。海外のカンファレンスの展示でも同じ面々しか出なくなった。DSPもそういうことになる可能性があるが、いかにnecessityになるかだな。サーチの自動入札ツールはそれになりきれなかったのが事実。
元リンク2
EFはサーチとディスプレイのツールの世界を融合し、両方をリポジショニングした点が画期的だった。DSPでは後発なのに、サーチを持っているというエッジで一気に優位性を持ってしまった。そういう意味では社名の通りFrontierなんだよな。
それを受けてのsembearのTweet
元リンク
しかし、小熊のうんち処理に追われているのであった。RT @sugiharg: この辺は@sembearと話し始めたら止まらんな
もはやAdExchangeによるDisplay広告の変革はもうすぐそこまで来ているのですよ。
その時代の変革の波の中、APIによる自動化であるとか、入札であるとか、費用対効果最適化であるとか、そういうリスティング広告で培ったノウハウ、アイデア、スキルは絶対もっともっと必要とされます。また、Efficient Frontierだけでなく、他のリスティング広告の自動化(自動入札)ツールも確実にDSPの領域に進化してくるでしょう。
(きっと前々回のPostで応援したロックオンさんもそうじゃないかと勝手に思ってる)
そうなると単純なリスティング広告のCPC/CTR/CVRだけでない、広告同士の相関関係、相乗効果を視覚化していくことがより容易になります。今代理店でリスティングに関してエースだ、という人はきっとAdExchangeであるとかAudience Targetingとかの部分で、その培ったスキルをさらに高めて展開することが可能になるはずです。
その経験を経ないで転職を考えるのは正直もったいない。今年とか来年には、市場を創造する経験を絶対につめるわけだから。
そういう意味で、今ネット広告代理店(別に代理店に限定しなくてもいいが、あくまで26歳女子を想定して)で働いている人は、きっと2003年当時に俺がアイレップで体験した以上の巨大な波を体験できると思うし、その経験は絶対今後の人生の財産になります。
#広告メディア側も立場こそ違えど、同じ状況だね。わくわくするよ。
あと代理店社内の開発の方々、この流れの中でうまいこと業務改善ツールを開発できることができれば@yamazさんもおっしゃる通り
超モテる!(と思う).
#そういう意味でもガンガレ!!
まあ、そういう流れの中で働けることは本当に幸せなことですよ。俺自身そう思うし。
ただ、それでも赤ちゃんってのはうんちをするし、そのおむつを変える作業もまた得難い経験だったりするわけです。

新年明けましておめでとうございますあーんど諸所の更新

なんか、前回のPostが予想をはるかに上回る拡散っぷりで、ちょっと驚きつつもあり。
んで、2011年一発目のPostでないのに「あけましておめでとうございます」も書かなかった反省もあり。
えー、みなさま、2011年も明けて二週間が過ぎちゃいましたね。
今年もよろしくお願いいたします。
昨年は何かとどたばたでしたが、かなり仕込みに時間を割いた一年でした。
かなりアヴァンギャルド(これは実は去年の俺のテーマだったのだが)なこともやり、
でも着実に前に進むための準備を進められたかなあと思っております。
今年は昨年仕込んだネタをできるだけ早く、そして大きく結実させるために邁進する所存です。
で。
なんかこのBlogのいろんな部分が古くなっていたので一部を更新しました。
以下更新した部分です。
(1)Social系のリンク
まあいまさら感はありますけどね。なんかレイアウトがうまくいってないし、
ちゃんと動作しているか不安なので、何かあったらお気軽にご連絡ください。
(2)Profileの更新
実はこっそりと自己紹介のページがあったのですが。その内容があまりに古かったので更新しました。
んで、今までは自分の所属会社なども書いていなかったのですが、過去に遡ってきちんと書きました。
sembearって何者?という方は一度ご覧いただければ幸いです。
では、本年もよろしくお願いいたします。
sembear

sembearがロックオンを応援する理由

ニュースソース(ロックオン社プレスリリース/PDF)
まず最初に。さすがに10年近くSEMの業界で生活していると、たまに
「sembearさんがお勧めする代理店さんってどこですか?」
とか
「sembearさんがお勧めする効果測定ツールってなんですか?」
とかって聞かれることがあります。
ただですね、ご存知の方も多いと思いますが、sembearってのは代理店に在籍していたこともありますが、基本的には媒体で働いている人間なんですね。しかもそれなりに情報を抱える立場で働いていたわけで、そういう人間が「代理店なら○○さんがいいですよ」とか「自動入札ツールなら○○がお勧めです」なんて口が裂けてもいってはいけないわけです。媒体である以上取引のある会社に肩入れするなぞもってのほかだし、個人的に応援したい会社さんはあってもそれを表に出すことはしていませんでした。
なので上のような質問に対して、基本的には
「代理店さんも各社特徴がおありですので、御社のSEMのプランを一緒に考えられる会社さんがいいでしょうね」
とか
「御社の効果測定担当者の考え方、代理店さんの担当者さんの考え方、(技術的な)効果測定方法などありますので、各社さんをお試しになってご検討されたほうがいいと思います」
という答えをしています。
間違ってないでしょ?
んで今回のPost、あくまで「会社としての」ロックオン社を応援しているのであって、決してアドエビスがほかのツールよりも優れている、ということをいっているわけではありません。またアドエビスおよびアドエビスAutoBidのことを推奨しているわけではありません。かといってアドエビスやアドエビスAutobidをお勧めしていないわけでもありません。というか、そもそもそういう観点の記事ではありません。
それを踏まえて本題。
ニュースソースにもあるように、ロックオン社、昨年11月にアメリカに支社を立ち上げたのですね。
これ、本当に応援したいんです。がんばってほしいんですよ。
2003年に日本でSEMが勃興し始めた当初、多分日本人で一番リスティング管理の自動化、つまり媒体者とAPIで接続してレポーティングや入札の自動化とかに最も詳しかったのって、多分自分だと思うんです。
んで、2003年の8月にアメリカに出張に行ったときに、アメリカでは効果測定ツールと自動入札ツールがすでにセットになっていて、日本のような人力でのオペレーションなんてほとんど存在していない状況だったのですね。
つまり機械でできるところは機械にやらせて、人間は本当に人間でしかできないCreativeな仕事に集中する。今風に言えば知識集約的なビジネスモデルを、USの代理店や広告主はすでに2003年当時に実現していたわけです。
んで、日本。当時は知識集約というよりも労働集約的な(言葉は悪いがITドカタ的な)作業で、現場は疲弊し、人間のCreativityなんて発揮できようがないようなビジネスモデルだったのですな(ひょっとしたら一部においては未だにそうかも知れないが)。
そういうのを何とか打破したくて、当時のOvertureに転職を決めたってのは、実はあります。
SEMってのはもっとCreativeでロジカルで、ITドカタ的な人海戦術じゃなく、戦術・戦略を組み合わせてマーケティングを行うものなのだ、そのためにはAPIを提供して日本でもリスティング管理の自動化を進めなければならないのだ!という思いでね。
その結果、まあ確かに日本で自動入札って言う概念も普及し、リスティング管理そのものの自動化もある程度進んできたかなあ、とも思ったりするのですが、今度は日本市場の閉塞性というか、そういう問題点を感じるようになってきたわけです。
前職、前々職とシリコンバレーに本社のある外資系ネット企業で働いていたのですが、やっぱりアメリカって(っていうかシリコンバレーって)すごいなあと常々思っていました。っていうか今でも思っています。やっぱりイノベーションが起こる現場ってのはすごく熱気があり、本当に刺激的な世界です。
前職のとき、同僚なんかと話しをしていると、Stanfordに世界中から優秀な学生が集まり、いろんな試行錯誤をしていた事実なんかを飲みながら聞いたりするわけです。そういった連中が100の失敗を繰り返してたまにとてつもないイノベーションを巻き起こしてくれるわけです。その「ビジネスの新陳代謝」ともいえるような熱気がシリコンバレーのエネルギーの源だと思ったりしてます。
と同時にね、やっぱり日本からこういう空気を醸成していかないといけないとも思うわけなんだけど。でもさ、日本を見渡してみれば少子高齢化だとか財政の健全化だとか、正直テンション下がる話が蔓延していて。しかもネット広告の世界でも(どことはいわないが)一部の会社さん達は日本市場の狭いパイを食い合いながらシェアだとかなんだとか肝っ玉の小さいことがビジネスの戦略であるかのごとくのたまったりするわけですよ。
もうさ、そういうのいい加減やめにしてくんねえかなって、正直思うわけです。
全体のパイが100ならパイの大きさを120とか150にするような新しい取り組みやって、全体を大きくしていこうよ。狭いパイを食い合うんじゃなくて市場全体を大きくしていこうよ。
しかも日本だけじゃなく世界に目を向けていこうよ。っていうか第二次大戦後、日本の高度成長とかってそういうエネルギーがあってこそ成しえたんじゃないの?
そうでもしないと今生後2ヶ月の俺の娘が大きくなったとき、この国の未来って多分今以上に暗澹としてしまって、未来に希望なんか持てる社会じゃなくなってるよ。
そういう流れの中でね、ロックオンさんのUS進出って、本当に自分としては希望の持てるニュースなんですよ。自分が日本で種をまいた(なんていえるほど大したことをしたわけじゃないけれど、でもそれぐらいの気持ちで頑張ってたってことね)リスティングの自動化、自動入札ツールのビジネスにおいて、日本初・日本発でSEMの総本山のシリコンバレーに進出する。
もっとわかりやすくいえば、日本発のツールが、Efficient FrontierとかMarin Softwareなんかとガチンコで勝負できるわけじゃないですか。
そりゃ俺の経験とか立場から言えば、
ロックオンガンガレ!
ってね、応援もしたくなりますよ。世界を席巻してほしいのですよ。真剣に。
しかもね、経営判断として、USに進出するってのがね、またsembear好みなんですよ。
考え方としては時差とか商習慣が比較的近い韓国だとか台湾だとかで海外進出を図ってもいいわけなんです、っていうか多分そっちのほうがリスクが低いと思うんですね。
でも前半で書いたように、悔しいかなシリコンバレーってのは未だにインターネットのビジネスにおいて世界の中心、イノベーションの中心なんです。正直シリコンバレーに拠点を置かないと、そういう流れとか世界から集まる優秀な人材の確保とか、やっぱりできないのですよ。そのチャレンジをするってのはかなりタフだと思いますが、でも世界で戦うには絶対避けて通れない部分だと思うんですね。
なのでsembearはロックオン社を応援します。
ただし最後まで繰り返しますが、決してほかのツールと比べてアドエビスがどうとかということではないです。
sembearの個人的な哲学とか経験からしてロックオン社のチャレンジを応援したい、ということでした。